根来祐 (ねごろ ゆう) プロフィール

岡山県倉敷市生まれ。20 歳から10 年近く摂食障害を経験、自助グループ参加が大きな転機となった。映画、テレビドキュメンタリーの仕事を経て現在はフリーの映像作家。97年依存症をテーマとする短編ドキュメンタリー3編制作でデビュー。主な作品は摂食障害を扱った「そして彼女は片目を塞ぐ」(‘01)、母娘関係を自らの系譜でさかのぼる「her stories」(‘10)、ブラック企業のセクハラ被害を裁判過程で追う「らせん」(‘12)など。摂食障害、母と娘、性暴力被害、労働行政と移民政策などのテーマを当事者視線で撮り続ける。