本文へジャンプ
これまでの活動


活動の履歴を記載します。

武蔵野市男女共同参画フォーラム ドキュメンタリー映画「her stories」 上映と監督トーク

男女共同参画週間(6月23日〜29日)に合わせ、このたび武蔵野市は男女共同参画フォーラムを開催することとなりました。共同参画むさしのは、ジェンダーに敏感な新進監督のドキュメンタリー上映を共催で行います。3回上映し、毎回終了後には監督トークがあります。強力なゲストとの対談をお楽しみ下さい。



her stories

 (根来祐監督  2010年制作 50分)

 それはあなたの物語。
 傷つき、依存して生きるひとの物語。


 仕事でぼろぼろになる娘。

 才能の発揮を家庭のためにあきらめる母。

 曾祖父に捨てられた祖母。


  『私は産まれた街から逃げた
    ずいぶん遠くまで 逃げて来たつもりだったけれど
   離れれば離れる程思い出すのは
    母と祖母の事だった』


 しだいに、自分自身を取り戻す物語。



●日にち : 2013年6月23日(日)
●場所:武蔵野プレイス(JR中央線武蔵境駅南口駅前)
フォーラム(4階)
●上映

 第1回 13:00〜 終了後対談 ゲスト 田中かず子(ICU教授)
 第2回 15:30〜 終了後対談 ゲスト 浜野佐知(映画監督)
 第3回 19:00〜 終了後対談 ゲスト 千田有紀(武蔵大学教授)
●参加費:無料

●定員:各回100名

●保育:事前にお申し込み下さい。
むさしのヒューマン・ネットワークセンター TEL :0422-37-3410


ねごろポートレート

ねごろ暗い窓外を見つめる

母と祖母


東京男女平等条例ネットワーク集会「防災と女性」

東京男女平等条例ネットワーク(略称 条例ネット)は、回り持ちで集会を開催しています、今回は清瀬市の女性センター、アイレックです。東京の自治体での防災に女性の視点は生かされているか、共同参画むさしの代表の三上が講演します。

日時: 2011年10月26日(水) 19:00(開場18:30)〜21:00 
ところ: 清瀬市男女平等参画センター(アイレック)
清瀬駅(西武池袋線)北口2分 アミュービル4F
参加費: 資料代 500円

 


NWECフォーラム ワークショップ 「東京の防災に女性の視点を生かす!」
(東京男女平等条例ネットワーク)

東日本大震災の被害は、防災に日頃からの女性参画が必要であると教えてくれました。いつかきっと大地震がやってくる東京で、防災計画や避難所運営マニュアルに生活する者の視点がどれだけ生きているでしょうか。
東京男女平等条例ネットワークでは東京の自治体の状況を調べ、条例づくりを検討する視点と男女共同参画をクロスさせて、地域防災に女性がどう関わるか、実践と可能性を探りました。
共同参画むさしの代表の三上が報告します。

日時: 2011年10月21日(金) 13:00 〜 15:00
ところ: 国立女性教育会館  研修棟 301号室
参加費: 資料代 300円
報告者 初田(渋谷区)、我妻(北区)、三上(武蔵野市)兼コーディネータ



Theダイエット!:監督と語る

監督自ら被写体となり、文字通り、体を張った異色セルフ・ドキュメンタリー映画。映画が楽しく提示してくれる「自己受容」、監督と共に話し合いましょう。
監督・脚本・制作の関口祐加氏によるトークがあります。

「Theダイエット!」(原題FAT CHANCE)2007 The Fat Productions
オーストラリア・メディア賞ベスト・ドキュメンタリー部門ノミネート、東京国際女性映画祭クロージング作品、全米ライブラリー協会賞受賞

■監督・脚本・制作:関口祐加

映画監督。1957年5月、神奈川県横浜市生まれ。1981年にオーストラリアに渡り、2010年1月末に帰国。第1回監督作品は、第二次世界大戦中に従軍慰安婦にさせられたパプアニューギニアの女性たちを撮ったドキュメンタリー映画『戦場の女たち』。東京国際映画祭・女性映画週間出品 / 日本カトリック映画賞最優秀映画賞受賞、メルボルン国際映画祭ドキュメンタリー部門グランプリ受賞、サンフランシスコ国際映画祭ベスト・ドキュメンタリー歴史部門受賞。1992年『When Mrs. Hegarty Comes to Japan』は、 オーストラリアの「お母さん」、ヘガティー夫人を横浜の実家に招待し、 家族で歓待するという家族間の異文化交流を撮った映画。シドニー国際映画祭デンディー賞ベスト・ドキュメンタリー部門ノミネート、オーストラリア・メディア賞審査員賞受賞、アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭観客賞受賞。2007年『THE ダイエット!』は自身を被写体とした第3作目。現在、自身の母を題材にした『此岸(しがん)、彼岸』を編集中。


日時:2011年9月11日(日) 13:30 〜16:00
場所: むさしのヒューマン・ネットワークセンター
(武蔵境市政センター[武蔵野市境2-10-27] 2階)
武蔵境駅徒歩3分
会費: 資料代500円
申し込みはこちらへ お名前、連絡先をお知らせください。


最新のインタビュー記事

 

「THEダイエット!」を本にした『夢を壊さないでっ!  ゆかのTHEダイエット!』を当日販売致します!(定価1050円)


ドキュメンタリー映画「しみじみと歩いてる」上映会+監督トーク

大阪の御堂筋を性的マイノリティとその友人たちが歩く『関西レインボーパレード』で出会ったレズビアン、ゲイ、MtFトランスジェンダー、FtMトランスジェンダーそれぞれの日常生活、それぞれの違い、家族へのカミングアウト、仕事場や人間関係における葛藤、苦しみ、そして喜びを描いたドキュメンタリー。
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル奨励賞受賞作品。
製作・監督の島田暁氏によるトークがあります 。

■監督:島田暁

2005年より「akaboshi」名義でブログ『フツーに生きてるGAYの日常』を開始。YouTubeと連動しながら主に日本のセクシュアルマイノリティに関する情報を発信。2007年『No Border〜世界のLGBTからのメッセージ』(尾辻かな子共同監督)、2009年『竜超の現代狂養講座 同性愛とテレビジョン』監督。


日時:2011年7月31日(日) 13:30 〜16:00
場所: むさしのヒューマン・ネットワークセンター
        (武蔵境市政センター[武蔵野市境2-10-27] 2階)
    武蔵境駅徒歩3分
会費: 資料代500円

黒田綾さんパレード

監督エッセイ
24時間テレビランナー、はるな愛さんの涙は一色?

もりおか女性センター見学報告会

盛岡市の男女共同参画センター「もりおか女性センター」は、地域の女性たちが特定非営利活動法人 参画プランニング・いわてを結成し、指定管理を引き受けて、活発な活動を展開しています。このほど、女性の地位向上に貢献した国内外の個人や団体に国際女性の地位協会から贈られる「赤松良子賞」を受賞しました。

 

共同参画むさしの代表の三上が、センターの活動ぶりを見学してきました。その報告を行い、合わせて武蔵野市の男女共同参画の現状について語り合いました。

 

日時: 2010年12月22日(水) 午後2時〜4時半

場所: むさしのヒューマンネットワークセンター会議室
(武蔵野市境2-10-27武蔵境市政センター2F
JR中央線「武蔵境」駅 北口徒歩3分 TEL 0422-37-3410)

参加費: 資料代 300円 (茶菓つき)

 
イメージ