共同参画むさしのトップ 本文へジャンプ
女性の
能力発揮で
武蔵野市を
活性化
武蔵野氏の花 ムラサキハナナ

共同参画むさしのとは

武蔵野市で男女共同参画を推進することを目的とする会です。
勉強会、講演会、調査、提言、発信を行っていきます。不偏不党を旨とします。

賛同される方の入会を歓迎します。

 

「百合祭」上映会と監督トーク

老年の性愛を明るく肯定的に描いた浜野佐知監督「百合祭」(2001年)を上映し、続いて監督トークを開催致します。
トークでは 西山千恵子さん(青山学院大学他非常勤講師 ジェンダー学者)との対談もあります。 どうぞご参加下さい。

盛り上がって終了しました。ご参加ありがとうございました。


「百合祭」上映&監督トーク

監督:浜野佐知
  (「第七官界彷徨―尾崎翠を探して」「百合子、ダスヴィダーニヤ」「こほろぎ嬢」)
対談:西山千恵子 (青山学院大学非常勤講師)

 

日時 : 11月22日(日) 18 時15分 開場

上映 : 18時40分~
監督トーク : 20時30分~

場所:武蔵野プレイス 4階フォーラム
(JR中央線・西武多摩川線 武蔵境駅 南口前1分)

参加費 500円(映画パンフレットつき)

 

高齢女性たちが住むレトロなアパートに、ダンディなお爺さんが引っ越してきて、
てんやわんやの大騒動……高齢者差別・<女性>というジェンダー
に対する抑圧という二重のカセに封印されてきた性エネルギー、再起動。

 

-キャスト-
吉行和子 ミッキーカーチス 正司歌江 白川和子 中原早苗 原知佐子 大方斐紗子
目黒幸子

-原作-
桃谷方子『百合祭』(北海道新聞文学賞受賞 講談社刊)

-製作-
株式会社 旦々舎 2001年

 

問合せ・申込 三上(共同参画むさしの)
0422-53-1585
kaori.mikami@gmail.com

主催:共同参画むさしの


「高校保健・副教材の使用中止・回収を求める緊急集会―高校生にウソを教える な!」

共同参画むさしの代表がレインボー・アクションを通じて手伝う集会です。多数のご参加どうぞ。
盛況のうちに終了しました。ご参加ありがとうございました。

-----

そこまでして女性に早く産ませたいのでしょうか。
これは日本社会の、とりわけ生殖科学、医学、教育行政の倫理が問われる問題で す。

 少子化社会対策大綱の具体化策として、内閣府が文科省と連携して作製した高校 ・保健副教材のグラフに改ざんとしか考えられない「誤り」がありました。女性の 「妊娠しやすさ」が22歳にくっきりしたピークがあり、20代のうちにかなり減少す るというグラフです。

 そのうえ、文科省が差し替えを発表した訂正後のグラフにも、なお重大な問題が 指摘されています。「誤り」を犯した経緯も責任の所在も明らかにされていません。

 多様な生と性を抑圧するこの副教材、グラフ以外にも「科学的」な問題が随所に ありますが、全国に130万部配布されたといいます。

 高校生にウソを教えてはなりません。

 「科学」を騙(かた)った副教材の問題群をさらに摘出、明示し、即時の使用中 止、回収を求める緊急集会を開催します。 是非ご参加下さい。


「高校保健・副教材の使用中止・回収を求める緊急集会―高校生にウソを教える な!」

日時:2015年9月11日(金)18:30~20:30(開場18時)
会場:東京ウィメンズプラザ1F 視聴覚室AB
参加費:無料(資料代等500円程度のカンパをお願いします)
申込み:不要 先着60名

発言者・順不同


◆高橋さきの(お茶の水女子大学非常勤講師/科学技術論)
◆柘植あづみ(明治学院大学教員/生殖医療問題)
◆鈴木良子(フィンレージの会)
◆大塚健祐 (レインボー・アクション)
◆唐川恵美子(SOSHIREN)

 

呼び掛け団体
「高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会」
レインボー・アクション

 

問合せ先:stopkyouzai@gmail.com 西山千恵子

 

武蔵野市男女共同参画フォーラム「多様な性を理解する2015」東小雪さん講演会

6月21日(日)午後、武蔵野市男女共同参画フォーラムの一環として、東小雪(ひがしこゆき)さん講演会が開催され、80人超の参加がありました(会場 武蔵野プレイス フォーラム )。東さんは元タカラジェンヌ。レズビアンであることを公表し、同性婚を実践し、幼児性虐待のトラウマと直面して、それを乗り越える活動を繰り広げていることを、余すところなく語って下さいました。三種類のご著書販売は完売でした。ご参加の皆さま、ありがとうございました。


市議会議員候補者アンケートを実施

4月26日(日)統一地方選に向け、共同参画むさしのでは市議選候補者に対してアンケート調査を実施し、市政の問題、男女共同参画条例などについて見解を伺いました。17件の結果はすでにFacebookで公開しましたが、このサイトでも公開します。



男女共同参画誌が「多様な性」を特集

レインボー・アクションおよび尼理愛子さんの協力で開催した「多様な性を理解する」ミニシンポは武蔵野市の関係者に衝撃を与え、男女共同参画広報誌「まなこ」は初めてセクシャルマイノリティを特集しました。(2014年12月発行)

市のFacebookでも取り上げています。

内容は学習会にも使えると好評です。駅、コミセンでの配布は終了してもヒューマン・ネットワークセンター、市役所市民活動推進課には在庫があるので、ご利用下さい。

まなこ92号表紙


武蔵野市男女共同参画フォーラム 「多様な性を理解する」  (ミニシンポジウム)

昨年に引き続き、男女共同参画週間(6月23日~29日)に合わせて武蔵野市は男女共同参画フォーラムを開催します。
共同参画むさしのはフォーラムの中で、セクシャルマイノリティへの地域の理解を深め、当事者エンパワーメントを目指すミニシンポジウムを企画しました。。
盛況のうちに終了しました。ご参加ありがとうございました。


多様な性を理解する

 

誰もが身近なところで生活しているはずのセクシャルマイノリティ(性的少数者)。しかし多くの人にとっては、まだ見える存在ではありません。そのため特に若い当事者にとって、生きづらい状況があります。
当事者の生の声を交えながら、身近な疑問にお答えし、直面する課題を明らかにします。そして、誰もが暮らしやすい地域と社会のあり方を考えます。


パネリスト : ハマカワアツキさん 大塚けんすけさん 可寝たさん Kさん 尼理愛子さん


日にち 6月26日(木)

時間  19:00~21:00 ( 開場 18:30 )

会場 武蔵野プレイス  スペースC( 3階 )

参加費 無料
予約 不要

保育 5名まで(1歳~未就学児)要申込 むさしのヒューマン・ネットワークセンターへ

企画:共同参画むさしの
共催:武蔵野市、武蔵野市男女共同参画週間事業実行委員会
企画協力 : レインボー・アクション








   Copyright ©2010-2015Empowerment Musashino All right reserved.